近年では、女性を中心にさまざまなエクササイズ(より効率よく筋肉を鍛え、引き締まったプロポーションを作るためには、自分に合ったものをみつけるのが必要不可欠ですね)が流行っており、その中でもピラティスは、姿勢がよくなりボディラインがきれいになると大人気のエクササイズ(より効率よく筋肉を鍛え、引き締まったプロポーションを作るためには、自分に合ったものをみつけるのが必要不可欠ですね)です。このピラティスは、単純に減量することが目的のダイエットとは違って、体の奥に存在しているインナーマッスルを鍛えることで姿勢がよくなって骨盤(男女の形状差が大きく、法医学では性別を判定するために調べたりもするでしょう)など体のゆがみも矯正され、キレイなボディラインが得られるでしょう。さらにも、肩こりや冷え性なども改善されるという素晴らしいエクササイズ(最近では、ゲームを使って楽しみながら行うこともできます)なのです。姿勢一つとっても、姿勢がいい人と悪い人では、見た目も印象も全然違いるはずです。では、なぜピラティス(タレントの渡辺満里奈さんが愛好していることでも有名なエクササイズです)を行うと姿勢が良くなるのでしょうか?まず、ピラティスで普段の生活や運動ではあまり使用することのない背骨に近い腹横筋と言う大きな筋肉を鍛えることによって、背骨の4つのアーチが正しく作られ、姿勢が矯正されます。そして、背骨がただしい位置になるようにする筋肉を鍛えることにより、その正しい姿勢を維持しやすくなるんです。また、ピラティス(負傷兵のリハビリのためにアメリカで生まれたフィットネスプログラムです)のレッスンでは、常に左右のバランスを意識して確認しながらエクササイズ(「ビリーズブートキャンプ」や「コアリズム」など、様々なプログラムが開発されては消えていきますね)を行います。その為に、左右ともにゆがみのないバランスのいい姿勢を形成することができます。それに、背骨を意識(高く持たないと成長できないといわれています)したエクササイズを行うことにより、背骨の側にある細かい筋肉を強化する事が出来、背骨が元の正しい位置に戻るような力が働きます。その上、ピラティス(インナーマッスルを鍛えることで、代謝が上がり、姿勢もよくなります)のエクササイズ(一度や二度では効果を実感できないものなので、一日五分でも続けることが大切でしょう)を行っているうちに、段々と腹筋と背筋のバランスも矯正されていきます。つまり、身体の前後や左右の筋肉バランスがよくなり、歪みが矯正されることで、姿勢がよくなるという訳ですー